よるのいちょう

考えたこととか。メディアや世のなかの波にたゆたいつつ。

大学進学で失ったもの

私は両親ともに大卒で、高校も進学校だったため、特に疑うこともなく大学進学を志しました。

 

母が派遣会社で働いていて、仕事に困っている人の話を聞いたりとか、

世の中や学校なんかで、高卒はお給料が低いと聞いていたりとかしたので、大卒じゃないとまともに就職もできないと思ってた。

私自身も、そんなに勉強は嫌いではなかったし。小中とほぼ不登校で、学校は好きじゃなかったけど。

 

大学は自由だ、とずっと思っていた。

奨学金もあるし、アルバイトもできるから、親にお金の心配をかけずに済む。

自分の好きな勉強ができる。

サークルがたくさんあるから、共通の趣味を持った友達ができる。

色んな人に会えるから、人間関係もこれまでみたいに窮屈じゃない。

 

自由になれる。

自立できる。

そんな期待であふれていた。

 

実際は、そんなうまくいかなかった。

 

奨学金が振り込まれる前に、まず、入学金を調達しなければならない。

母と2人で、あちこち駆けずり回った。

知らない人に頭を下げたり、母に叱られたりして、ものすごく疲弊した。

 

アルバイトを始めたら、サークルで趣味に打ち込む余裕なんて無くなった。

趣味にかけるお金なんてほとんどなくて、生活と趣味と勉強と、どうやってやりくりしようといつも必死だった。

どれひとつでも上手くできなかったら、せっかく手に入れた大学生活がダメになる気がして、気を抜くことなんてできなかった。

 

楽しみにしていた勉強は、自分だけが授業に積極的で、げんなりした。

私1人だけが発言する。

私1人だけが、良いレポートを書こうと頑張っている。

みんな適当に授業や課題をこなして、学問をそれほど楽しんでいない(ように見えた)。

私だけが突っ走って、私だけが目立って、うまく溶け込めない感じがした。

 

私はいつも必至すぎて、空回りで、余裕がなくて、友だちなんかできるはずもなかった。

そもそも、高校までずっと友だちなんていなかったのに、大学で急に出来るわけなんてなかったのだった。

 

大学の同級生たちは、みんな進学校を出た、そこそこ育ちのいい子たちで、

年も同じ、服もだいたい同じ、共通の話題を持っていて、共通の常識を持っていて、私の入り込める余地もないように感じた。

 

みんなが遊びに行くとき、私はお金がなくて行けない。

諸事情で、私はひとつ年上だった。

服は自分の好きな服を着ていたけど、周りの子たちとはちょっと違った。

テレビは無いし、学校もあまり行っていなかったから、話題にもあまりついていけない。

 

なにもかも、みんなと違っていた。

そんな中で、自分を肯定していくのは、私にとって、とてつもなくエネルギーを使う行為だった。

 

 

……つづきます。