読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よるのいちょう

考えたこととか。メディアや世のなかの波にたゆたいつつ。

(裏)バイト歴について(というか水商売とチャトレについて)、つらつら書いてみた。

キャバクラに体験入店したことがある。
たった、1回だけだけど。

2店舗並行して面接を受けて、ちょっと高級そうなところで体験入店を決めたのだった。
その後、お店から連絡は無かった。要するに、落とされたんだと思う。

まぁ、自分でも、お店の雰囲気に合ってないなあと感じたので仕方が無い。

でー、なぜ、やってみようと思ったかというと。
単純に、若いときにしか出来ないような仕事をやってみたかったのと。
あと、ちょっとアヤシイ仕事に(というと失礼かも知んない……)足を突っ込んでみたかったから。

わりと接客は好きで、人と話すのが苦じゃなかったので、じゃあ水商売を……と、思い至ったのでした。

ただまあ、その体験入店のときに、
ハードコンタクトレンズをつけていて、おそろしく目が痛くって。
(なんか、私の目が悪すぎて、乱視も強いから、ハードのほうが良いって言われたんだよね……眼鏡屋さんで。

で、あーゆーとこって、タバコがすごいんだよねえ。
タバコ、普段は人が吸ってても気にしないのだけど、このときばっかは非常につらかった………。
目が痛くて痛くて。偏頭痛まで併発する始末。

で、もう、あまりにもつらくて、注意散漫になってしまって。
お酒つぐー、も、灰皿替えるー、も、ロクロクできなかった。
あと、私お酒一滴も飲めない。←

会話はがんばったんだけどねー。
バイク好きのおっちゃんと盛り上がったり、整体師のおにいちゃんにいじられたり。


最近、その整体師さんが人気らしく、そこここで広告を見かけ、おー。って思ったりする。笑




f:id:coica:20160509113721j:plain
お客さん確実に減ってるはずなのに、
お水の求人って常に溢れてるように感じるなあ……。
(ちなみにTOWNWORKは夜の求人載せてない。web版だとあった……かも。)

でー、その後、ふつーに(?)アルバイトをしつつ、
こんどは片手間で、チャトレというものに手を出し始めた。

チャトレ=チャットレディ。
ネット上で男の人とお話(チャット)して、お金がもらえるーってやつ。
綿矢りさの、『蹴りたい背中』で主人公たちがやってた。

最近のチャトレは、やっぱり色々進化していて、
私が登録したところは、SNS形式でカワイイ女のコと出会える♪みたいなサイトだった。男性目線で見ると。

サイトには、メール機能やら、ブログ機能やら、掲示板機能やらが付いている。
男性とメールでやりとりしたり、掲示板やブログに、やらしー自撮り画像や動画(当然18禁)を投稿すると、お金がもらえる仕組み。

男性の支払額から3割が、女性の報酬になる。
メール1通100円だとしたら、私がもらえるのは30円。中間搾取ひどい。笑

で、このチャトレって、システム的には水商売と似てるよなあ、と思うのです。

水商売って、お客さんが支払った【席料(チャージ)+飲食の売上】が、お姉さんの報酬になるのです。
例えば、時給2000円+グラス3杯1500円分、とか。まー、その中から、髪のセット代とか引かれたりするけど。

だから、話が長続きして、長時間お店に留まってもらえるよう、お姉さんは会話上手な必要がある。
そして、自分が飲んだお酒も売上になるので、お姉さんはめっちゃお酒を飲む。
さらに、お客さんに次のグラスを進めたりとか、あわよくばボトル頼んでもらおうとするんである。

チャトレは、席料がかからない。
ただ、お客さんは、メールごときに100円も払わなくちゃなんない。笑

私たちは、お客さんをつかまえるため、ブログや掲示板に、気になる内容を投稿する必要がある。
画像類は、閲覧数が多いほど報酬も多くなるので、できるだけたくさん用意する。
メールが来たら、できるだけメールのやりとりを長く続けてもらえるよう、うまく文面を書かなくちゃなんない。

まー、チャトレは18禁、というのがあるけど、
物理的にお触り不可能なので、不健全度とゆーか……アヤシさ?は、同程度だと思う。

同時に、いつの時代もだいたい、手法は変化すれども人間は色恋事を求めているので、
いーかげん密封するのやめたほうが腐りにくくていーんじゃないのか、
なんて考えるのでした。(と、無理やりまとめることにした。)