読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よるのいちょう

考えたこととか。メディアや世のなかの波にたゆたいつつ。

【だれか】留学生の携帯電話事情【なんとかしてくれよ】

国際交流 日本語学校

留学生が携帯電話を使えない、というお話。
FBからの転載です。
(ここで私が主に扱うのは、日本語学校の学生なわけですが、
それ以外の留学生や、研修生、すべての状況で当てはまることも多いのではと思います。)

理由は大きく2つ。
契約の問題と、金銭的リスクです。

★まず1つめ。契約について。
現在、各キャリアで携帯電話を購入するためには、2年以上の在留資格が必要となっています。
つまり、2年以内の留学では、店舗での新規購入→契約が、できないということです。

じゃあどうするのか。中古を買います。
中古の携帯電話本体のみ(いわゆる白ロムというやつ)を購入→SIMのみ契約、という流れであれば、携帯を利用できるわけです。

ただし、ここでも問題が一つ。
中古品のほとんどは、動作不良以外で返品ができません。
万が一、本体を持ち込み、何らかの事情で契約できない、となったとしても、返品は出来ないわけです。

そしてその「万が一」は、わりと高確率で起こります。
契約の最後に、すべての必要事項を記入し、審査へと持っていくのですが、
そこでアウトになってしまうケースが、非常に多いのです。とりわけ今年になって。
外国人契約に対する審査が、年々厳しくなってきているとのことで、おそらくそのためでしょう。

★金銭的リスクについて。
ここまでで発生するコストは、本体代金(安くて¥10,000-)です。
SIM契約不可となった場合、プリペイドSIMにすることができるのですが、...
こちらは1枚¥3,000からで、通話のみ、という感じ。また、通話料金に関しても、通常SIMに比べ非常に割高です。
先進国でもない限り、学生はアルバイト+仕送りで、学費を払って生活費かつかつな状態なのに、
こんなにかかってしまってはたまったものではありません。

また、私は詳しくは知らないのですが、
キャリアによっては契約のとき、口座に5万円以上ないと不可とか、保証金が必要とか、いろいろとあるようです。
まあ、保証金で契約できるなら、まだ良いほうなのかもしれませんが……。来日仕立てだったりすると、口座も作ったばかりで、それも難しいのではないかと思います。

2年契約でないプランとか、保証人がいれば契約できるとか、一刻も早く、何らかの形で対応してほしいものです。はあ。

ベトナムは同性婚OKなんだよって話。

ヴェトナム 国際交流 日本語学校

今日は学校で、

「~てもいいです」

の文型について勉強しました。

 

この「て形」というのが非常に厄介で、不規則活用が多いこと多いこと。

みんなよく頑張っていると思います。

 

そして、この文型を使って、

今日は学生からいろいろな話を聞くことができました。

学生たちの国籍は、ベトナムスリランカの2か国です。

 

1.『みなさんの国では、

男の人と男の人/女の人と女の人は、結婚してもいいですか?』

 

ベトナム「いいですよ!結婚できます。」

一部学生間でもめてましたが、そんな答えで一致しました。

というのも、ベトナム同性婚が認められたのは、本当にここ最近のことだからで。

あまり社会に関心のない学生だったりすると、知らなかったようです。

スリランカ「結婚できません。」

まだほとんどそんな話は出ていないのか、「え、できないでしょ(@_@;;)」とびっくりした様子でした。

 

ベトナム同性婚が認められたのは、アイルランドに先立って、2015年の1月のことだったと記憶しています。アジア初じゃないかな。

同性愛者の有名男性デザイナーが挙式、ベトナム芸能界で初の同性婚 - 社会 - VIETJO 日刊ベトナムニュース

日本ではあまり注目されてなかったように思いますが、けっこうすごい出来事ですよねえ。

 

アイルランドはその後5月。結婚に厳しいカトリック国としては初のことなので、これも画期的なことなんだと思います。

同性婚、国民投票で認める アイルランド:朝日新聞デジタル

 

タイはセクシャルマイノリティに寛容だけれど、法律的にそういった動きは、まだ聞かないなあ。

「タイに行く」=「性転換手術をする」って、ベトナムでは冗談としてよく言われるけど。

 

ちなみに、

★日本「東京都渋谷区だけ、結婚してもいいです。」

正確には結婚ではなく「パートナーシップ条例」ですけど。

まだ説明が理解できるだけのレベルにはないので。

「まだ水戸では結婚できません。

どうしても水戸で結婚したい人は、タイに行ってから、水戸で結婚してください^^」

と話しました。

 

全国的に、早く認められるといいけどね。

あと、選択的別姓も。

 

だれさんとだれさんは渋谷に行くのなんの、なんだか盛り上がったテーマでした。

 

タバコとお酒と子どもの数についてとかも聞いたけど、ちょっと疲れちゃったので次回に持ち越します。

日本語の話になると、自然に文体が丁寧形になるな。ふむ。

バイクは危険なのか。

HONDA SUPER CUB

どうでもいいけど、「はてなブログ」も、「はてなブックマーク」も、略すると「はてブ」なのねん。

ブログは「はてぶろ」のほうがよいのかしら。

とかなんとか。

 

最近ちょっと嬉しかったことは、だいすきなカブちゃんが、手元に戻ってきたことです。

ちなみに私の言うカブちゃんとは、HONDA SUPERCUB50です。

f:id:coica:20151129225636j:plain

これ。

ああかわいい。

 

手元に戻ってきたーといっても、誰かに預けていたとかではなくて、おきっぱだったのを回収しただけ(しかも車で15分とかなので、遠いわけでもない)なので、
そんな大したことでもないのだけれど。

 

カブちゃんに乗っているとしばしば言われるのは、

「危ないよ!」ということ。

まあ事故ったりすると、たしかに怪我の可能性は高いし、死亡率も高いだろうと思う。

身体が露出してる分、確実に投げ出されちゃうから。

そのために、たかが原チャリでも、バイク保険だってすごい金額かかったりするし。

月3万円近くするのかな。

 

ただ、運転していると気付くけど、バイクは、死角が少ない。

だから、気を付けて運転していれば、事故る確率自体は、車より少なくなるんじゃないかなあと思ったりする。

怪我する確率は高いけど、怪我させる確率は低いんじゃないだろか。

 

まー、良いことか悪いことかわからないけど、以前自転車を轢きかけて、

避けようとして逆に怪我したことあったな。

もちろん向こうは無傷で。かわいそうに、おかんにめっちゃ怒られてたけど。

 

で、今日もさっきまで寒い中走っていて。

やっぱり50㏄だと小さい分、安定性に欠けるので、
いつかは大きめのバイクが欲しいなあ、と思ったのでした。

思いっきり走りたいものね。

 

次はカブ110だな。

北海道までツーリングだな。

津軽海峡冬景色な感じで。(寒すぎる。)

 

明日はカブちゃんについてもっと調べてまとめたいなー。

 

 

 

はてブ。開設にあたって、サーバをいろいろ比較してみて思ったこととか。

インターネット

以前のブログにアクセスできなくなった……。
という、ありがちな理由で、また新しくブログを始めてしまいました。
しゃーないね。

ブログ自体実は、中学時代から何回から断続的挑戦しているのですが、
はてなブログつかうのは初めてです。

開設して2,3個記事投稿して、アクセスできなくなってしまった前のブログは、
たしかWordpressのブログサーバでした。

その前はFC2。

なので、

FC2→Wordpressはてブ

とふらついていることになるかなあ。

 

で、以前のサーバ2つを使っていたのはなぜかっちゅーと、カスタマイズが好きだからです。

 

Wordpressは自由そうなイメージを受けたし、広告がすくなかったんですよね。
結局使いこなせないまま終わってしまったのだけれども。

初めて使ったFC2は、カスタマイズして、その気になればHP作れるくらいの勢いで、ブログテンプレートとか作れるんでした。で、人気のテンプレート製作者さんとかもいた。

ただ、今はかなり、広告が多い様子。あとなんか、ダウンしやすいとか?見たような。

 

はてブはー、文字にリンク貼られちゃうのが嫌だったんです。
Wikipediaかよっていう。しかもなんかよくわかんないところに飛んじゃうし。
うっとおしいことこの上ない。

でもなんか、色んなところで評価が高かった。

物書きタイプだとはてブ!とかも見るし。良い記事書くと、閲覧数伸びやすいらしいですね。

文字リンクも、その気になれば外せるのかな?まだよくわからないけれど。

 

プラス、カスタマイズはもういいかなー、というのもちょっとあって。

むかしはね、ひきこもりだったからね、ひまだったんだよね。

それでHTMLタグ打ちとかやってたんだもん。

いまは疲れちゃうなー。

 

というわけで。

・FC2:カスタマイズ楽しい。広告多い。

Wordpress:じゆう。

はてブ:物書き向き。好評価多い。

という特色があるっぽいですね。私にとっては。

 

あと、イエイリカズマさん応援になるし、ロリポも考えたのだけれどー、
なんか、プランとか選ぶのが若干めんどくさかった……。

その場のノリですぐ始めたかったんだものー。

 

そんな感じかな。