読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よるのいちょう

考えたこととか。メディアや世のなかの波にたゆたいつつ。

恋愛と家庭の泥沼、そしてメンヘラから抜け出せそうだよっていう近況報告。

このところすごい混乱していて、「なにこいつ」って思った方もいらっしゃるんじゃないかと思いまして。
ちょっと近況ご報告……みたいなことを書こうかと。
理解してくれようとする人に誤解されてしまうのは、かなしいですし。
とりあえず総括としては、「いまはかなり元気です」。

いちおうこの記事では、
★ここ2年くらいの近況

★私の情緒(というか精神状態というか)の背景について

ざーっと書いてみます。

 

|近況箇条書き

えーと。
それで、本題の近況とかについて。
長いので、気になる方だけ、気になる部分だけ目を通してくださればと。

前提として、私はかなりの貧乏学生(5年間仕送りナシ、授業料免除で大学生やってた。免許取ったりベトナム行ったりしたお金はアルバイト4つくらい掛け持ちして稼いだ)ということがあります。

 

で。ここ1,2年の間に、
1.ベトナム留学して現地のストーカーに合う
2.帰国後、お金がなくて6年くらい付き合ってた彼氏(Aさんとしておこう)の実家に転がり込む。
3.Aさんと別れる。
と同時に新しい彼氏(Bさん)の家に転がり込む。
4.Bさんが逮捕・連行・留置された(あとから判明するが、すごいしょーもない理由だった……)。
弁護士の手配やらBさんの会社への連絡やらでバタバタ。
5.釈放後に後ろからの追突事故(10:0)。
6.卒論迫る。
7.つくば戻る。★たぶんここまでは知ってる人多い
8.Bさんと別れる。(卒論のプレッシャーで八つ当たりしてしまうことが多くなったから。逮捕とかは特に関係ない。)
9.貯金が尽きてくる。
10.Aさんと連絡が復活。
11.Aさんが昼ドラもびっくりの泥沼事件に巻き込まれたことが発覚。
12.私も巻き込まれた。卒論はなんとかかんとか終わった。
13.パニック発作や幼少期のトラウマが再発→入院。
14.退院後インフルにかかる。
15.入院したことで実家(というか母)との関係が悪化。
16.泥沼脱出。
17.卒論発表が終わり、就職や引っ越しの準備を進める。★イマココ
……といった感じのことが起こりました。

|家族とか私の情緒とか

えっとですね。
家族関係などについて述べさせていただきますと。
母はべつに、そんなひどい人ではないです。
仕事の能力は高いと思うし、努力家だし、キレイだし。

ただ、けっこう過敏かつ、考えが硬いところがありまして。繊細というか。
そのせいで、育児は相当大変だったようです。シングルマザーだし。
だから仕方がないことだと思うし、かなり頑張ってきたと思うのですが、
結果的に私は基本、ネグレクトに近い環境で育ったし、一時期は本当に、おびえながら生活していました。
そんな背景があって、私は精神的に不安定な部分があります。
まあこれは、仕方がないこと。調整して、改善できるようにするしかない。

その対策として、母とは一定の距離を取っていたり、実家には帰らないようにしていたのですが(帰ると私が体調崩すこともある)、
入院することになり、そうした良い感じの関係や、距離感が保てなくなり。
今はお互い、直接会うとますます不安定になってしまうので、プチ逃避行と相成った次第です。
ちなみに、母は私の幼少期についてほとんど覚えてないし、距離をとらないと不安定になる、ということも理解できていません。
なので、私を探しているかもしれないのですが、ちょっとこれは、時間をおかないと健康的な関係は築けないなあと。
以上諸々の理由により、母には申し訳ないですが、ちょっと彼女とは音信不通にしています。

 

|まとめ

というわけで。
今は落ち着いてますし、しばらくは安定していると思います。
こんな怒涛の厄年(じゃないはずなのに……)は滅多にないだろうし。。

ふらっと、遊びとかお茶とか、誘ってくださると飛び跳ねてよろこびます♪
他にもまた、なにかありましたらよろしくお願いしますーm(_ _)m

大学進学で失ったもの

私は両親ともに大卒で、高校も進学校だったため、特に疑うこともなく大学進学を志しました。

 

母が派遣会社で働いていて、仕事に困っている人の話を聞いたりとか、

世の中や学校なんかで、高卒はお給料が低いと聞いていたりとかしたので、大卒じゃないとまともに就職もできないと思ってた。

私自身も、そんなに勉強は嫌いではなかったし。小中とほぼ不登校で、学校は好きじゃなかったけど。

 

大学は自由だ、とずっと思っていた。

奨学金もあるし、アルバイトもできるから、親にお金の心配をかけずに済む。

自分の好きな勉強ができる。

サークルがたくさんあるから、共通の趣味を持った友達ができる。

色んな人に会えるから、人間関係もこれまでみたいに窮屈じゃない。

 

自由になれる。

自立できる。

そんな期待であふれていた。

 

実際は、そんなうまくいかなかった。

 

奨学金が振り込まれる前に、まず、入学金を調達しなければならない。

母と2人で、あちこち駆けずり回った。

知らない人に頭を下げたり、母に叱られたりして、ものすごく疲弊した。

 

アルバイトを始めたら、サークルで趣味に打ち込む余裕なんて無くなった。

趣味にかけるお金なんてほとんどなくて、生活と趣味と勉強と、どうやってやりくりしようといつも必死だった。

どれひとつでも上手くできなかったら、せっかく手に入れた大学生活がダメになる気がして、気を抜くことなんてできなかった。

 

楽しみにしていた勉強は、自分だけが授業に積極的で、げんなりした。

私1人だけが発言する。

私1人だけが、良いレポートを書こうと頑張っている。

みんな適当に授業や課題をこなして、学問をそれほど楽しんでいない(ように見えた)。

私だけが突っ走って、私だけが目立って、うまく溶け込めない感じがした。

 

私はいつも必至すぎて、空回りで、余裕がなくて、友だちなんかできるはずもなかった。

そもそも、高校までずっと友だちなんていなかったのに、大学で急に出来るわけなんてなかったのだった。

 

大学の同級生たちは、みんな進学校を出た、そこそこ育ちのいい子たちで、

年も同じ、服もだいたい同じ、共通の話題を持っていて、共通の常識を持っていて、私の入り込める余地もないように感じた。

 

みんなが遊びに行くとき、私はお金がなくて行けない。

諸事情で、私はひとつ年上だった。

服は自分の好きな服を着ていたけど、周りの子たちとはちょっと違った。

テレビは無いし、学校もあまり行っていなかったから、話題にもあまりついていけない。

 

なにもかも、みんなと違っていた。

そんな中で、自分を肯定していくのは、私にとって、とてつもなくエネルギーを使う行為だった。

 

 

……つづきます。

 

 

 

袋田温泉 関所の湯

びっくりするほどやる気のない、このメンヘラブログをば、温泉で復活させてみるとゆー試み。

とりあえず、関所の湯行ってきましたってご報告をば。ばばば。あとで詳細追加するかもです(H28年12月28日ちょっと追記)。

 

とにかくここは、そこそこ本格的に日帰り温泉入れて、しかもごはんがめさめさ美味い、とゆーのが魅力。

場所は茨城県北の、大子町。山です。

車だと、水戸方面からひたすら118号を1時間半くらい北上してくと着きます。

時間はかかるけど、道はまっすぐなので楽。 

料金はたしか、平日800円、土日1000円だったような。

夕方からは、まさかの半額引きになります。

営業時間は平日8時、土日9時、だった……気がする。

 

温泉は、室内と露天の二種類あって(むかしは壷湯とか打たせ湯もあったんだけど、いつの間にか消えてた)、

室内は循環かけ流し、露天は循環でした。少し黄色がかった透明なお湯。

露天の方が温度はあつめ。

入ってると、肌がツルッツルしてきます。

 

露天から下を見下ろすと、沢が見えて「あぁ、和むわァ……」ってなります。

まわりなにもないので(実は頑張れば道路側からちょっぴり見えるかもだけど)、

すっぽんぽんで露天風呂に立って、伊豆の踊子ごっこもできます。

 

さて、食べ物。

まずは湯上りに里美飲むヨーグルト。


f:id:coica:20161226075454j:image

どろどろ濃厚でうまうま。

ごはん。必須はこの、湯葉サラダ。


f:id:coica:20161226075539j:image

外側の器が、揚げた湯葉になっております。

中に半熟卵が入ってて、キャベツコーンに和風ドレッシングをかける。味わいさっぱりのようで、なかなかガッツリしたサラダです。

計画的に食べないと、揚げ湯葉が余ります。

 

そしててんぷら。

f:id:coica:20161226075735j:image

湯葉のてんぷらも入っていてですね、これもまた美味しいんだ。

サクサクもちもち。

カラッと揚げられてます。

 

とゆか、大子の名物が、

りんご、

湯葉

こんにゃく、

奥久慈軍鶏。

とゆー感じなので、ここらへん頼んどくとだいたい美味い。

(でも、とにかくここはめしがうまいので、だいたい何頼んでもうまい気がする。)
写真撮ってないけど、刺身こんにゃくも絶品です。

舌の上でとろけるるるるる。

 

帰りは眠くなるのでご用心。

以上、現場からのレポートですた。

 

***********
袋田温泉 関所の湯 公式HP

sekisyo-no-yu.com

〒319-3523
茨城県久慈郡大子町大字袋田字滝ノ上2642-7
tel 0295-79-1126

営業時間9:30-20:00(土日祝21:00)

(裏)バイト歴について(というか水商売とチャトレについて)、つらつら書いてみた。

インターネット

キャバクラに体験入店したことがある。
たった、1回だけだけど。

2店舗並行して面接を受けて、ちょっと高級そうなところで体験入店を決めたのだった。
その後、お店から連絡は無かった。要するに、落とされたんだと思う。

まぁ、自分でも、お店の雰囲気に合ってないなあと感じたので仕方が無い。

でー、なぜ、やってみようと思ったかというと。
単純に、若いときにしか出来ないような仕事をやってみたかったのと。
あと、ちょっとアヤシイ仕事に(というと失礼かも知んない……)足を突っ込んでみたかったから。

わりと接客は好きで、人と話すのが苦じゃなかったので、じゃあ水商売を……と、思い至ったのでした。

ただまあ、その体験入店のときに、
ハードコンタクトレンズをつけていて、おそろしく目が痛くって。
(なんか、私の目が悪すぎて、乱視も強いから、ハードのほうが良いって言われたんだよね……眼鏡屋さんで。

で、あーゆーとこって、タバコがすごいんだよねえ。
タバコ、普段は人が吸ってても気にしないのだけど、このときばっかは非常につらかった………。
目が痛くて痛くて。偏頭痛まで併発する始末。

で、もう、あまりにもつらくて、注意散漫になってしまって。
お酒つぐー、も、灰皿替えるー、も、ロクロクできなかった。
あと、私お酒一滴も飲めない。←

会話はがんばったんだけどねー。
バイク好きのおっちゃんと盛り上がったり、整体師のおにいちゃんにいじられたり。


最近、その整体師さんが人気らしく、そこここで広告を見かけ、おー。って思ったりする。笑




f:id:coica:20160509113721j:plain
お客さん確実に減ってるはずなのに、
お水の求人って常に溢れてるように感じるなあ……。
(ちなみにTOWNWORKは夜の求人載せてない。web版だとあった……かも。)

でー、その後、ふつーに(?)アルバイトをしつつ、
こんどは片手間で、チャトレというものに手を出し始めた。

チャトレ=チャットレディ。
ネット上で男の人とお話(チャット)して、お金がもらえるーってやつ。
綿矢りさの、『蹴りたい背中』で主人公たちがやってた。

最近のチャトレは、やっぱり色々進化していて、
私が登録したところは、SNS形式でカワイイ女のコと出会える♪みたいなサイトだった。男性目線で見ると。

サイトには、メール機能やら、ブログ機能やら、掲示板機能やらが付いている。
男性とメールでやりとりしたり、掲示板やブログに、やらしー自撮り画像や動画(当然18禁)を投稿すると、お金がもらえる仕組み。

男性の支払額から3割が、女性の報酬になる。
メール1通100円だとしたら、私がもらえるのは30円。中間搾取ひどい。笑

で、このチャトレって、システム的には水商売と似てるよなあ、と思うのです。

水商売って、お客さんが支払った【席料(チャージ)+飲食の売上】が、お姉さんの報酬になるのです。
例えば、時給2000円+グラス3杯1500円分、とか。まー、その中から、髪のセット代とか引かれたりするけど。

だから、話が長続きして、長時間お店に留まってもらえるよう、お姉さんは会話上手な必要がある。
そして、自分が飲んだお酒も売上になるので、お姉さんはめっちゃお酒を飲む。
さらに、お客さんに次のグラスを進めたりとか、あわよくばボトル頼んでもらおうとするんである。

チャトレは、席料がかからない。
ただ、お客さんは、メールごときに100円も払わなくちゃなんない。笑

私たちは、お客さんをつかまえるため、ブログや掲示板に、気になる内容を投稿する必要がある。
画像類は、閲覧数が多いほど報酬も多くなるので、できるだけたくさん用意する。
メールが来たら、できるだけメールのやりとりを長く続けてもらえるよう、うまく文面を書かなくちゃなんない。

まー、チャトレは18禁、というのがあるけど、
物理的にお触り不可能なので、不健全度とゆーか……アヤシさ?は、同程度だと思う。

同時に、いつの時代もだいたい、手法は変化すれども人間は色恋事を求めているので、
いーかげん密封するのやめたほうが腐りにくくていーんじゃないのか、
なんて考えるのでした。(と、無理やりまとめることにした。)

ファストファッションってなんなんだ!……って思ったので、ユニクロを応援したくなったということ。

ユニクロが高いって、売れなくなったんだって。biz-journal.jp

 

f:id:coica:20160505222116j:plain

ユニクロスポーツのページにあった画像。背中の筋肉って、めっちゃカッコいいけど自分からは非常に遠い存在な気がしている。笑)

 

わたしもネットの情報ばかりで、あまりよく知ってるわけではないんだけど、
こんな記事↓もあるし、

spotlight-media.jp


ファストファッション、というか安いものはその分しわ寄せがきてるはずで、若干こわい。

 

ユニクロもそんな不安はぬぐえないけれども、
難民支援とか、古着の回収とか、地域社員制度とか、
なんかめっちゃ頑張ってると思うんだよなあ。
国内企業だし、これからも成長していってほしい。経営規模とかじゃなくてね。

 

あと、ユニクロファストファッションじゃない、という話も聞いた。
真偽はわかんないけど。
SPAっていう、流行を即つかんで、企画から生産までを短期間・低コストで行う流通体系がファストファッションの特徴らしいのだけど、
ユニクロはそもそも、企画にめっちゃ時間かけてるんですと。
で、流行に関係なく着ることができて、店頭にも長く置ける服を作っているんですって。
だから、店頭の服の入れ替わりも、そんなに早くない。
場合によっては、去年の服が、ワゴンで売っていたりする……笑。

あれが悪いこれが悪いとかいうと、お金ない私なんかは、
なんか何も買えなくなりそうなんだけど(「買えない」っていう/思ってしまうのは、精神衛生に非常に良くない。みじめに感じるし、能力制限されてる感がする。)、
ユニクロは今後の期待値も込めて、足繁く通いたいと思う。

 

私なんぞ、だいたい背伸びしてようやくユニクロが買えるような感じなので、
せめて、浮気はあんましないようにしよう。笑
古着とチチカカとユニクロで、独自のファッションをつくるのだ。


とゆーわけで、本日のTシャツもユニクロです。

 


:参考リンク:
SPAについて→

fashion.visjp.com


といいつつ、ファストファッションもがんばっている→

matome.naver.jp

 


チチカカは、「ハッピートレード」という5%還元をしているので、なんか良いイメージがある→kakehashi.titicaca.jp

 

エシカルファッションは、いつかお金できたら挑戦してみたい。もしくはプレゼントでもいいな。→

www.huffingtonpost.jp

昨日の発作と経過・考察。(きのうはメンヘラオンパレードの日!☆)

メンタルヘルス

まともな記事書こうよ!って思うけど、メンヘラ記事書いちゃう❤

私は波が大きいタイプで、そんなに365日メンヘラーってわけじゃないから。

こーゆー、メンヘラモードの時にメンヘラ記事書いておこう、とも思って。

 

実は一昨日くらいから月のものが来ておりまして、そのせいで非常に、精神的に安定しない感じが続いております。

それで昨日、またもやパニック発作(?)を起こしました。

ただでさえ、ちょっと色々あって、ちょっとダメージ受けてたからなあ。

 

昨日の経過としては、

『過食→パニック→リスト(というかアーム)カット→妄想』

という感じで、珍しく大きな波でした。久しぶりに妄想あった。笑

 

きっかけは、同居している恋人との痴話げんか、というしょーもないモノなのですが、

けっこう、これは私にとってつらいもので。

というのも、前回の発作で、回復のきっかけが恋人だったように、彼の存在があまりにも私の中で大きすぎるから、というのがありまして。

 

友達も家族もいないようなものだから、どうしてもそうなっちゃうんだよなあ。

向こうは自由人なので、依存しないようにしたいんだけど。お互いにとって、すごい悪影響になるから。

彼のおかげで、相当に成長できてるんだと思うけど、そういう時に、放置されたり無視されたり(と、私が感じるようなこと)、は本当につらい。

 

それで、そのケンカが食事時、

そのうちに、おなか一杯でもごはん詰め込むようになって、

そんな自分に嫌悪感と、吐きたい衝動が込み上げてパニック(ごはんやだ、吐きたい、そんなことできない、誰か助けて、自分で何とかしなきゃetc.)。

とりあえずやろうと思っていた、明日の授業準備に手を付けるも、そんな状態なので進まず、

パニックが悪化し逃げるようにリビングから部屋に戻る、

少し落ち着く(あとで切って〈リストカットして〉もいいよ、とりあえず落ち着こう、と自分をなだめすかす)、

リビングでさっき散らかした片付けをしようとまた戻る、再度パニック(ああやっぱり自分はだめな奴だ、なにもできない)、

部屋で放心→ぼろぼろ泣く(死にたい、消えたい、そんなことできない)、を繰り返す、

腕をカッターで切る(とりあえずこの状況を抜け出したい、切りたい)、

恋人と話に行く(助けてほしい)、

部屋に戻ってまた泣く(自分で何とするしかないのに何をしているんだろう私は)、

恋人も部屋に戻って来て、気持ちを吐き出す、

パニック悪化(一時的に呼吸ができなくなる、傷口に虫や、足に皮膚病できるという妄想)、

体力が尽きて寝落ちる。

……という流れでした。思い出して書いててもつらいなあ、これ。

 

ちなみに、リストカットは生活上目立つし、しないに越したことはないのですが、
一時的でも混乱した状態を鎮めるために、やむを得ないときもあると考えています。

ほんとに、したくないんだけどね。

もう常習犯なので、

1.絆創膏とティッシュを用意する。2.刃物を消毒する。3.切って止血をする。

という手順をイメージすると、それに集中して他の混乱がおだやかになるような気がします。

あとやっぱり、自傷行為なので、「ダメな自分」を傷つけることで、鬱憤を晴らしているというのもあるんだろうなあ。

それから、血液の色は明るいので、目について、目が覚める感じがする、というのもあるかもしれない。

 

なんにせよ、今回の件、根本的な解決には至ってないので、

もうちょっと整理して、なにか行動することが必要なんだと思っています。なんかまた。ちょっとしたきっかけで決壊して、パニック起こしそうな感じもするし。

でもなんか、書き出したらちょっとすっきりした感じがします。

 

ふにゃーん(猫の日だったから鳴いてみた。)

 

メンヘラ爆発フローチャート

メンタルヘルス

カッコ内イイワケ。本文とはソコソコかんけーありません。

《えー。2か月ほど放置してきて、この記事から始まるワケですが。

ずっと考えつつも、ずっと書けていなかったテーマでありまして。

あのね、いちおう下書きまで書いて、没にしたりもしてたのよ……。

とかなんとか。

ええと、私は結構むかしから、メンヘラ(メンタルヘルスに動作主の人-erの接尾辞をつけた2ちゃん用語)という枠組みのなかで生きてきた節がありまして。

このところ、それを整理して、コントロールするアンド、記録する必要性を感じているので。

とりあえずいっこ、記事をあげてみようと思った次第です。ちゃんちゃん。》

 

私は、『境界性パーソナリティー障害と、かるーいパニック障害的なもの』を抱えていて、

感情の起伏が激しく、時によっては発作的に『泣き出す・希死観念に駆られる・ひどいいと幻聴に襲われる』というのがメインの症状となっております。

なんかコースのメニューみたいね。

サブ(副菜?)にもいろいろあるよ❤笑。ま、これは追々。

 

「的なもの」としているのは、私の好きな主治医の先生(今は通院していない)が、

あんまり診断名を決めつけるのを好まなかったからです。

名前を付けるとわかりやすくなるけど、症状は名前ではなく人によって違うし、重要なのはそこではないから、と。

なので、私も上記の言葉で「わかりやすく」はするけども、べつにそれで診断が下りているわけではありません。

 

で、このところ、そういった症状が一時期、急激に悪化したり改善されたりしていて。

ここ一か月ほどは落ち着いていたのですが、1週間ちょい前、家庭内でちょっとした事件がありまして、

そのときにパニック発作1回(唐突に泣き出す)、

仕事疲れが重なって2日前に1回(帰宅後希死観念に駆られて泣く)、

ミスに落ち込み今日も1回(絶望感でいっぱいになり泣く)、

と計3回、泣き泣きな感じだったので、よしじゃあ記録しよう、とずるずるPCに向かっている現在です。

 

こんなぐだぐだな生活ですが、けっこう本人(の心中)的には、まじで死ぬ死なないの瀬戸際だったりします。

 

これでもワリと、というかかなり、良くなった方で、

今はまあ、ぐすぐす泣く程度で収まっています。

以前は自傷行為とか、過食嘔吐とか、いわゆる『仮死(実際の死は伴わないものの、何らかの状態で「死ぬ=リセットする」)』を経ないと、

日常生活に戻れませんでした。

 

で、改善に役立ったのが、自己流なのですが、認知療法だったんではないかと考えています。

「どういうときに落ち込むのか」「どうして落ち込むのか」→「どうすればいいのか」を、

日常でも、発作に陥った渦中でも、意識・整理するよう頑張っています。

ポイントはここで、ネガティブサイクルに負けないこと。できるだけ客観的に考えること。

これ、すごく重要なのですが、訓練が必要だと思います。それこそ頑張るしかない。

 

今日の場合、

日常:「疲れている」「ミスがコンボで来た」→「なるべく疲れない」、「ミスにめげない」

発作:「責められたと感じた」「自己否定ループにはまった」→「過度な自己否定を取り去る」「どうすれば心が落ち着くか考える」

みたいな感じでした。

 

ただ、しっかりと自覚していないだけで、

回復のために、多分もっと、自分の意識によって、調節を図っている部分があるはずで。

それを具体化できれば、より安定できるんではないかなーと。

 

で、これってフローチャートにすればもっとわかりやすいんではないかなあと。

そう思って、フローチャートもどきを落書きしたのでした。

 

 


f:id:coica:20160222192410j:image

□で囲ってあるのが影響のある人物、緑は彼氏(同居中)です。

 

ただ、フローチャートって、もっときちんとした書き方があるんですね。

→「フローチャートの書き方」http://sasuke.main.jp/furo.html

私は文系なので(たぶん)、全然知らなかった。

 

次回発作起こしたときか、気が向いたときには、

もっとキレイに書きたいなあ、と思っている次第です。

 

そう思えば、若干メンヘラも楽しい。笑

 

ぐだぐだですが、下書きにするとそのままになるので、公開っと。ではでは。

(‘・・)ノシ